見えない安心を、確かな技術と人と発想で。発泡イノベーション企業 山口化成工業株式会社 小型発泡製品・高品質・小ロット生産・短納期対応・緩衝設計

開発商品

開発商品

技術紹介

技術紹介

メディア掲載情報

メディア掲載情報

会社概要・採用情報

会社概要

お知らせ

第52期方針発表会 2018.7.13(金)

豊川市御津町のハートフルホールで第52期方針発表会を行い、MORE経営コンサルティング㈱の日野先生と豊川信用金庫御津支店長の井上様に、ご出席いただきました。

また、日野先生には「我社がお客様の心をつかむマーケティンの極意」をご講演頂き、社員全員のモチベーションのアップにつながりました。

社長

社長

日野先生

日野先生

集合写真

集合写真

式次第

式次第

椅子ノーパンクチューブ「エアリー」

車椅子ノーパンクチューブ「エアリー」

わが社では2013年3月より日進医療器株式会社様、株式会社イノアックコーポレーション様と共同でBASF社の熱可塑性ビーズ発泡ポリウレタン(E-TPU)を素材とする車椅子のノーパンクチューブの開発に着手しました。

開発のコンセプトが「空気チューブと変わらない乗り心地」ということから商品名を「エアリー」としました。

E-TPUでの商品開発はアディダスのランニングシューズのソールに次いで世界で2番目、日本では最初の取り組みです。2014年12月には3社で共同特許を申請し、2016年1月より本格的に販売を開始しています。

椅子ノーパンクチューブ「エアリー」

パッケージ(紙缶)事業撤退のご報告

既にお知らせさせて頂いておりましたパッケージ(紙缶)事業からの撤退を、昨年を持ちまして完了いたしましたことご報告させて頂きます。
事業開始より17年の間、お客様には大変なご支援を頂きましたことを改めて厚く御礼申し上げます。
また生業であります発泡スチロール事業につきましては、益々精進して参りますので相変わらずご支援賜りますことをお願い申し上げます。

フロート事業生産縮小のご報告(2018.5.31)

関係各社様にはすでに連絡させて頂いておりますが、長年続けて参りましたフロート事業を本年6月末をもって生産の縮小をすることと致しました。弊社で生産を中止致しますのは#150~#400までの番手となります。

フロート事業は48年前の1970年にスタートし、一時は弊社の基幹事業となり売上の半分以上を占め、弊社の基礎を築いてまいりました。 しかしながら20年ほど前より国内養殖漁業の不振と弊社の販売活動の不足が重なり販売も徐々に減ってまいりました。

そこで新事業への方向転換に伴い本事業を縮小する決断をいたしました。

これまで長きにわたりご愛顧頂きましたお客様には心より御礼申し上げます。

今後は#17~#100の番手は社内生産し、中止いたします番手の#150~#400は外注していく予定です。

ただ、外注となりますと価格の見直しも考慮に入れる必要がありお客様には何かとご迷惑をおかけするかと存じますが諸事情お察しの上、宜しくお願い申し上げます。

発泡スチロール物語

サイト